新刊紹介


0399-0.jpg
                        

台湾から学ぶカルチュラル・コンピテンス
 −多文化共生ソーシャルワークに向けて−

ISBN978-4-7501-0399-0 C3036
A5判 180頁 定価2,200円+税

「日本ではカルチュラル・コンピテンスを正面から取り上げた本も、
ソーシャルワーク領域ではまだ乏しいという現状もある。
そこで、日本と文化の類似性をもつ台湾の社会福祉の取り組みを紹介する。

 
0398-3.jpg
                        

退院における医療ソーシャルワーカーの実践
 −「退院援助」から「地域ネットワーク構築」へ−

高山 恵理子 著

ISBN978-4-7501-0398-3 C3036
A5判 162頁 本体2,200円+税

「退院支援」は、ソーシャルワーク実践の一つであるが、
医療政策との関係でクローズアップされることになった実践であるといえる。
その点で、医療政策との関わりは大きい。
その政策の変遷の中からソーシャルワーカーとしての主体的な関与を浮き彫りにした。

 
0397-6.jpg
                        

ヴァルネラビリティへの支援
 −ソーシャルワークを問い直す

玉木 千賀子 著

ISBN978-4-7501-0397-6 C3036
A5判 218頁 本体2,600円+税

意向の確認が困難な人の支援に多くの実践者が戸惑い、
対応策を見いだせずにいることを知り、
その支援のあり方を検討することの必要性を痛感する中で、
ヴァルネラビリティを有する人への支援の考え方を提示したのが本研究である。

 
0396-9.jpg
                        

高次脳機能障害のある人とソーシャルワーク実践
 −本人の力を活用した援助の可能性

林 眞帆 著

ISBN978-4-7501-0396-9 C3036
A5判 172頁 本体2,400円+税

本書は、高次脳機能障害者の地域生活支援を推進するために
ソーシャルワーカーが依拠する援助理論を構築し、
実践に展開できる方法を解説するものである。

 
0395-2.jpg
                        

ソーシャルワーカーによる退院における実践の自己評価

小原眞知子、高山恵理子、高瀬幸子、山口麻衣 著

ISBN978-4-7501-0395-2 C3036
B5判 132頁 本体1,800円+税

医療が病院完結型から地域完結型へと移行するうえで、
退院支援は最も重要なキーワードである。
その退院支援に焦点を絞り、ソーシャルワーカーはどのように
支援しているのかの評価研究に基づいて、自己評価マニュアルとして刊行された、
ソーシャルワーカー必読書