児童館の子育ち・子育て支援
 ―児童館施策の動向と実践評価―

八重樫 牧子

地域子育て支援拠点事業の一つと位置づけられている児童館の調査・研究を試み、子育て支援の課題を明確にし、その実践の有効性を実証的に検証している。

ISBN978-4-7501-0371-6 C3036
A5判 244頁 定価 3,780円(本体3,600円)


第1章 地域における児童館の子育ち・子育て支援の評価の必要性
 第1節 地域における子育ち・子育て支援の必要性
 第2節 地域における児童館の子育ち・子育て支援の必要性
 第3節 児童館の子育ち・子育て支援に関する調査研究
 第4節 地域における児童館の子育ち・子育て支援の評価に関する研究視座

第2章 戦後のわが国の児童館施策の動向
 第1節 背景と目的
 第2節 研究の視座および方法
 第3節 児童館施策の動向
 第4節 今後の課題

第3章 地域における子育ち・子育て支援に関する調査
 第1節 調査の目的と方法
 第2節 地域における子育ち環境に関する調査
      ―地域における子どもの遊びや生活に関する調査―
 第3節 地域の児童館を利用している子どもを対象とした調査
      ―児童館を利用している子どもの社会性に関する調査研究―
 第4節 地域における子育て環境に関する調査
      ―乳幼児をもつ母親の子育て不安に影響を及ぼす要因―
 第5節 児童館における子育て支援の活動評価に関する調査
      ―地域社会における子育て支援の拠点としての児童館の
活動評価に関する研究―

第4章 結  論
      ―地域における児童館の子育ち・子育て支援の評価のための今後の課題―