増補 はじめて出会う社会福祉

西尾祐吾 著

本書は、これから福祉を勉強しようとしている若者の理解を助けるため、可能なかぎり平易な言葉を用い、具体的な事例をあげて解説している。

ISBN978-4-7501-0347-1 C3036
四六判 178頁 定価 1,470円(本体1,400円)


第1章 社会福祉の原理
 1 社会福祉という言葉
 2 さまざまな社会福祉(他者援助)のかたち
 3 社会福祉の背景にある思想
 4 福祉の本質に関する学説
 5 ニードという言葉
 6 社会福祉における価値とは
 7 自律と選択こそが重要
 8 社会福祉の利用を妨げるスティグマの感情
 9 福祉をまもるアドボカシー
 10 脱施設化・ノーマライゼーション・地域福祉
 11 現代の社会福祉とは
第2章 社会福祉の歴史
 12 イギリスにおける社会福祉の歴史
 13 わが国における社会福祉の歴史
第3章 社会福祉の制度
 14 福祉国家とは
 15 社会福祉の構造
 16 社会福祉の従事者について
 17  ボランティア活動
 18 社会福祉を利用する人々について
 19 さまざまな社会福祉の領域
第4章 分野別福祉
 20 低所得者福祉
 21  児童福祉
 22 高齢者福祉
 23 障害者福祉
終 章 これからの社会福祉は