オーストラリア・女性たちの脱施設化
知的障害と性のディスコース

ケリー・ジョンソン 著 高木 邦明 訳

本書は、原著者の施設での長期参与観察をもとにしたリサーチの方法と、21人の知的障害のある女性たちの鍵のかかった棟での生活状況がリアルに描かれた訳本で、近年わが国でも議論されている質的研究の手がかりと方法の示唆となろう。

ISBN4−7501−0342−X C3036
A5判 284頁 定価 2,625円(本体2,500円)2006年


第1章 序論・リサーチの概要
    §1.本研究の理論的根拠
    §2.リサーチの方法
    §3.研究者の位置
    §4.本書の組み立て
第1部 施設の内側
第2章 閉鎖棟での生活
    §1.N棟:その間取り
    §2.棟での女性たちの生活
    §3.N棟の女性たち・寸描
    §4.棟で働く女性たち
    §5.N棟の生活
    §6.研究者/参与者
第3章 閉鎖棟に至る道程
    §1.女性たちの施設までの経路
    §2.閉鎖棟への経路
    §3.研究者/調査官
第4章 締め出し/閉じ込め
    §1.N棟の女性たち・「女性になれなかった女性たち」
    §2.彼女たちはどう理解されたのか?
第2部 施設を出る
    §1.ヒルトップ閉鎖の決定
    §2.施設閉鎖の段階
第5章 開けられた扉
    §1.女性たちの世界
    §2.関係の拡がり
    §3.研究者/追放者の身/交渉人
第6章 前 進
    §1.地域移行相談(CCOR)とマッチング
    §2.地域移行相談(CCOR)およびマッチングについての制約
    §3.地域移行相談(CCOR)についての女性たちの体験
    §4.家族,代弁者と地域移行相談(CCOR)
    §5.閉鎖棟職員と地域移行相談(CCOR)
    §6.招集者と地域移行相談(CCOR)
    §7.閉鎖棟プロジェクトチームのマネージャーたち
    §8.マッチングでの女性たちの体験
    §9.家族と代弁者:マッチングの体験
    §10.居住棟の職員とマッチング
    §11.招集者たちとマッチング過程
    §12.閉鎖プロジェクトチームのマネージャーとマッチング
    §13.研究者/代弁者
第7章 施設を離れる
    §1.女性たちと最後の6ヵ月
    §2.代弁者,家族と最後の6ヵ月
    §3.棟の職員と最後の6ヵ月
    §4.招集者たちと最後の6ヵ月
    §5.閉鎖プロジェクトチームのマネージャーたちと最後の6ヵ月
    §6.研究者/物語作家
第8章 脱施設化:主観性の管理
    §1.脱施設化と女性たち
    §2.脱施設化と権利
    §3.脱施設化と管理
    §4.女性たちの沈黙
第3部 施設の外で
第9章 脱出劇(Escaping Stories)
    §1.女性たちの対象化
    §2.知的障害のディスコースの機能
    §3.結 論