コレクション1
英国自閉症研究の源流


久保紘章 著

本書は久保コレクションシリーズ第1弾である。決して最新の情報ではないが、自閉症の歴史において大きな曲がり角にあたる1970年代の論文を中心に収録している。英国自閉症協会に関心をもち、英国で学んだことを日本の自閉症の親子に生かしたいという思いで、当事者の立場にたった研究、実践をしてきた著者のこれまでの軌跡である。

ISBN4-7501-0313-6 C3036
A5 184頁 定価 2,310円(本体2,200円)2004年


第1部 自閉症とウイング
  1 『自閉症スペクトル』の理解のために
  2 自閉症に関する考え方の歴史
  3 ウイング法
  4 英国における自閉症の評価の枠組―L.Wingの場合―
  5 ウイングさんに聴く

第2部 70年代の自閉症研究
  6 自閉症児とはなにか
  7 幼児自閉症の発達
  8 忘れられた十代―英国の年長自閉症児の問題―

第3部 英国自閉症協会  
  9 英国自閉症協会の設立と発展
 10 イギリスからの手紙―英国の自閉症児のことなど―
 11 ペギー・エヴァラードさんをたずねて―イギリスの自閉症成人のこと―
 12 ヘレン・アリソンさんへのインタビュー