◇社会福祉士・介護福祉士養成講座◇
新版 地域福祉論

野上文夫、渡辺武男、小田兼三、塚口伍喜夫 編

社会福祉基盤構造改革が検討され、社会福祉事業法等の改正へと動きだし、わが国の社会福祉の法制上「地域福祉」が位置づけられることになる。本書は、こうした動向を踏まえ、内容も全面的に書き直し、新しい編者も加えて新版として刊行したものである。

ISBN4―7501―0271―7 C3036
A5 284頁 定価 2,520円(本体2,400円)2000年


第1章  地域福祉―登場の背景と展開―

第2章  現代コミュニティと地域福祉

第3章  地域福祉の歴史的発達

第4章  地域福祉の内容

第5章  地域福祉の推進組織・団体

第6章  地域福祉と福祉教育・ボランティア

第7章  地域福祉計画

第8章  地域援助技術の展開

第9章  地域福祉の財源

第10章 地域福祉の実践