◇保育探究シリーズ◇
保育内容 環境の探究

中沢和子、丸山良平 共著

環境を通して行う教育とは、子ども自身の成長力、学習力を発揮させることを目指した教育であり、大人が教える従来の教育とは異なる視点に立つ本書は、そのような乳幼児公教育を教育の新分野と考え、保育者が「教育」「指導」について新たな検討をされる指針となるよう編集した。

ISBN4―7501―0243―1 C3037
B5 136頁 定価 1,890円(本体1,800円)1998年


第1部  環境と子どもの発達

 序 章 幼児理解

 第1章  感動と感受性

 第2章  乳幼児の思考と行動

 第3章  想像力の発達

 第4章  言葉の獲得と思考力の発達

第2部 「環境」の位置づけ

 第5章  乳幼児教育と「環境」

 第6章  保育計画と環境

第3部 保育環境の検討

 第7章  物を扱う

 第8章  生物を知る

 第9章  大自然を感じる

 第10章 社会施設を使う

 第11章 数量の知識を獲得する