◇保育探究シリーズ◇
保育原理の探究

大場幸夫 編著

保育原理を教え込むための本ではなく、保育原理を自分で考えていくためのテキストです。発達や保育の最新の研究動向を踏まえながら、子どもの誕生から、保育の営み、保育者の役割、計画などについて多くの事例を紹介し、保育の原理や保育を学ぶことの意味を探ります。

ISBN4―7501―0233―4 C3037
B5 168頁 定価 1,890円(本体1,800円)1997年


第1章 子どもの誕生と保育       〔宮崎 豊〕

第2章 保育の営み           〔久富 陽子〕

第3章 保育所・幼稚園の保育の仕組   〔星 順子〕

第4章 保育者の役割          〔森田 文〕

第5章 保育の計画と記録・評価     〔鳥海 順子〕

第6章 保育を学ぶこととは       〔梅田 優子〕

第7章 保育実践を支える原理      〔大場 幸夫〕