少年保護と児童福祉  (在庫僅少)

松本眞一 著

非行少年の処遇については、福祉政策的ないしはソーシャルワーク的視点から非行対策を見直し、社会的更生ならびに非行防止活動のあり方を再構築してみることが重要である。本書は非行臨床福祉的視点、福祉政策的視点に立って、少年保護制度・施策のあり方を論じている。

ISBN4―7501―0222―9 C3036
A5 252頁 定価 2,243円(本体2,136円)1995年


第1章 問題児と非行少年

第2章 少年非行と少年保護

第3章 社会福祉方法論と教護

第4章 少年非行とソーシャルワーカーの役割

第5章 非行児童とその家族に対するケースワーク

第6章 少年法改正問題と調査機構

第7章 少年法改正問題と少年福祉

第8章 非行対策の問題点と今後のあり方