障害者歯科学

酒井信明 著

今日、障害者歯科医療への要望は、増大傾向にあるが、医療現場での取り組みは、健常者の場合に比べて立ち遅れているのが現状である。本書は、大学歯学部の学生のテキストとして、障害者歯科臨床に必須な事項を平明に解説している。第I部:総論。第II部:各論―病理・病態・歯科治療・医学的管理。巻末索引付。

ISBN4―7501―0037―4 C3047
A5 164頁 定価 3,059円(本体2,913円)1994年


第1部 総論
 1章  障害者歯科の歴史
 2章  障害者の定義と実態
 3章  ノーマリゼーションおよびインテグレーション
 4章  障害者と歯科医療
 5章  患者の行動調節
 6章  医学的管理

第2部 各論
 1章  精神〔発達〕遅滞
 2章  自閉症
 3章  老年痴呆
 4章  てんかん
 5章  脳性麻痺
 6章  進行性筋ジストロフィー症
 7章  感覚障害・言語障害
 8章  出血性障害
 9章  主な全身疾患と歯科医療
 10章 障害者の歯科治療での考慮事項
 11章 社会学的問題